前へ
次へ

個人事業主の自分が今でも求人誌を開いて見る理由

右も左も分からぬまま、飛び込んだ今の仕事。
相当回り道もしたし、安定しないので求人誌を開いては、アルバイトも同時にやっていました。
そんな経験も活きたのか、アルバイトで覚えた技術も結構あります。
スーパーのアルバイトでは、魚の解体をさせて戴いた事で、おおよそどんな魚でも捌ける様になりましたし、レストランの仕事では簡単な調理を任されたり、シェフの補助をする事で、料理の段取りや料理そのものも見よう見まねで覚えました。
経験は視野を広げてくれます。
そして、ようやく少しずつ自分の本業も軌道に乗って来た実感があります。
そんな現状ではありますが、今でも良く求人誌を開いて見ています。
それは、どんな業種に求人が多いのか、通年なのか短期なのか、企業がどんな人材を求めているのかなどを想像でき、同時にリサーチもできるからです。
求人誌には単に人材募集だけではなく、時代のトレンドを感じさせてくれる無料で見られる優秀なツールだとも感じています。

Page Top